直属の上司は外せない

上司がたくさんいる人にとっては、どこまでの上司を結婚式に招待すべきか迷うところですが、まず自分が所属する部署の直属の上司は外せません。仕事上で普段からお世話になっている存在であり、この直属の上司を無視して他の上司を招待すると、その後の関係性がギクシャクしてしまう可能性があります。直属の上司を招待した上で、その他に繋がりの深い上司も招くなら全く問題はありません。もし何らかの事情で直属の上司を招きたくないならば、後で角が立たないように、他の上司の招待も控えた方が賢明です。また以前勤めていた職場の上司を招待する事も可能ですが、遠方から来て貰う場合は、「お車代」を包んで手渡しするのが最低限のマナーです。

同僚は招待する基準を明確にしておく

同僚の中からゲストを選ぶ際は、会場の収容人数や両家のバランスを考慮しつつリストアップしていきます。絶対に招待したい人、出来れば来て欲しい人、二次会に呼びたい人など分けていくと、必然的に人数も絞られます。注意したいのが、招待客の線引きの基準が不明瞭なケースです。人には好き嫌いがあるので、どうしても招待したい人と招待しなくない人が出てきてしまいますが、同じ部署の中で一人だけ呼ばないといった対応は失礼にあたります。該当者の気分が悪くなるのはもちろん、招待された側の人も後ろめたい思いをするかもしれません。誰もが気分を害する事が無いようにするには、同期や同じ部署などカテゴリーが一緒の人は差別化しないことがポイントです。同期は全員結婚式へ、それ以外の人は二次会に招くなど線引きの基準を設けておくと、後で揉めるようなこともありません。

既に子どもがいて、パパママになっている男女が挙げる結婚式のことを、パパママ婚と呼びます。主役である新郎新婦だけでなく、子どももドレスなどを着て参加することで、とても華やかな式にすることができます。